お問合せ/見積依頼

narration@wis2.jp

自分専用ファイル便

どんなに大きなファイルでも送れる無料転送サービス
掲載日:08年05月06日

ナレーションの仕事をしていると、音声ファイルを通信でやり取りすることがしょっちゅうあります。通常はウチが契約しているプロバイダのサーバへ送り込んで、そこからダウンロードしてもらうんですが、場合によっては数GBのファイルになることがあります。

さすがにこうなると一回では無理。何回にも分けて送ることになります。でも、「ダウンロード終わりました。次を上げてください。」みたいな連絡をもらうまで待っていないといけないので、面倒なことこの上なし。フリーのファイル転送サービスも探してみたんですが、容量が少なかったり、一回でアップできるファイルが小さかったりで良いものが見つかりません。

あちこち探していたら「自分専用ファイル便」というのを見つけました。
これは自分のパソコンをサーバとして使っちゃおうというもの。専用ソフトのインストールが必要ですが無料です。プロバイダのサーバなどを経由せずに、相手のパソコンと自分のパソコンをインターネットでダイレクトにつないでしまうのであります。自分のパソコンからデータを直接取り出してもらうので、どんなに大きなファイルでも送信可能です。

便利なんですがちょっと注意が必要。

通信速度は自分の接続速度と相手の接続速度によって変わってきます。インターネットへ接続する速度の遅い方がボトルネックになります。また相手がダウンロードしている間は、自分のパソコンの電源を切ってはいけません。電源が入ったままの状態でないと相手はアクセスできないわけです。それから送信中はパソコンに負荷がかかりますので動作がやや遅くなります。何かソフトを起動して仕事をしていたりすると通信速度が落ちることがあります。・・・となるハズです。

実はまだこのサービス、見つけただけでまだ使っていません。あは・・・スミマセン。ウチは問題を解決するのに自宅サーバを構築しちゃいました。ですから自分専用ファイル便も同じことだと思っているんですよね。大きな違いは設定がものすごく簡単だということ。これならサーバの知識が無くても全然OKです。声優SOHOのナレーターさんたちにも紹介して実戦で使ってみようかと思います。

ということで今回はここまで。また次回をお楽しみに。

コトモノウォッチ一覧へ戻る

↑ PAGE TOP