見積依頼│お問合せ

narration@wis2.jp

ナレスタ研究室

音声制作解説ラボ

このページでは「これはお伝えしたらいいかも!」というネタを取り上げます。「サウンド技術」「業界の話」「運営コンセプト」「バックヤードのネタ」などなど、あまり知られていない(と、思われる)情報も盛り込みました。少々くだけたスタイルの文書ではありますが、どれもナレーション声優スタジオのサービスに直結したお話が中心となっています。私どもへ発注を検討されているお客様には、ぜひ事前にお読みいただきたいと考えております。(運営責任者・南幸男)

[020] 電話の問い合わせをお断りしている理由

電話の問い合わせを受けないのには深いワケがありまして。

[019] 声優ナレーター募集オーディションの合否判定

オーディションをするといろんな応募があるわけですよ。でも実力と関係ないことで不合格にならないようにしてくださいね

[018] リモート立ち会いで起きた困ったこと

リモートだからこその、想定外のトラブルも起きるのです。

[017] ナレーション録音にかかる時間

読み切るだけなら1時間で3,000文字から4,000文字ぐらいですかね。

[016] 原稿の修正やリライトはいたしません

「読める」から「書ける」ということにはならないんですよ。

[015] ペーパーレス化は無理じゃないかな

「紙」に関してだけは絶対エコにならない商売です。

[014] メールフォームがめっちゃ多くね?

こんなにメールフォームを配置しているサイトは稀ですよね。それはわかってますって。

[013] ファーストテイクがベストテイクかも

いろいろ試してみたけど、結局、最初が一番良かったってことありません?

[012] 映像同期収録

映像同期収録とは、要するにこういうことなのです。

[011] そっか、相見積なのか・・・

「他社と相見積もりです」って言わないでいただきたいのです。

[010] 音声納品後のリテイク

納品後に発生するリテイクほど無駄なことはありません。

[009] レコーディング

スタジオ録音ってどんなことをやるの。立ち会いって何をするの?

[008] 見積を検討する

見積が出ても、高いのか安いのか適正なのか、誰にもわかりません。

[007] 見積を取る

見積を依頼する時に、抜けてはいけない最低限のポイントをご紹介。

[006] ナレーターや声優を選ぶ

最も頭を悩ませるのは出演者を選ぶ時でしょう。

[005] 原稿を書く

ナレーターが読みやすい原稿の書式を紹介します。

[004] スタジオ録音事業者と宅録事業者の見分け方

ホームページの謳い文句でスタジオ録音か宅録かがわかります。

[003] 制作方法の違いを知るべし【宅録編】

宅録で収録するメリットとデメリットとは。

[002] 制作方法の違いを知るべし【スタジオ録音編】

レコーディングスタジオで収録するメリットとデメリットとは。

[001] ナレーションが必要になったらどうします?

音声制作が必要になったら何から手を付ければいいのでしょうか。

↑ PAGE TOP