見積依頼│お問合せ

narration@wis2.jp

メールフォームがめっちゃ多くね?

ナレーション声優スタジオへのお問合せはメールだけに限定しています。電話連絡がNGですので不便を感じるお客様もいらっしゃることでしょう、大変申し訳ありません。その代わり内容ごとに分類した、めっちゃ多くのメールフォームを用意しています。長々と文書を書く必要はありません。必要な項目を入力するだけで簡単に問い合わせができますよ。

メールフォーム設置の経緯

私どもにはたくさんの音声制作セットがあります。創業時から徐々にサービスを拡充していくうちに、こうなっちゃったんですよね。痒いところに手が届くような品揃えだと自負しているのですが、その反面、違いがわかりにくいという状態になってしまいました。以前は、「ホームページに全部書いてあるから読んでください。」という方針で運営していたのですが、制作セットがかなり増えた現在では隅から隅まで読むのはシンドイかもしれません。

そこでお問合せの内容(ほとんど見積依頼です)を分類し、項目も必要最低限に絞って、メールフォームを設置しました。最初は少なかったのですが、あれも必要、これも必要・・・とやっているうちに増殖しました。

必須項目

それぞれの音声制作セットには、「これがわからないと見積できない」という、キモになる情報をいただく必要があります。フォームの項目(特に必須になっている項目)がそれらに該当します。逆に申し上げれば、それらの情報さえあれば何らかの形(正式または概算)でのお見積りは可能なわけです。マイクロソフトワードの見積依頼書も用意していますが、必須情報の抜けを防ぐためにもフォームからの送信をお勧めします。

種類と分類

概算見積

ざっくりした金額で構わない場合は、概算見積フォームをご利用ください。お客様の個人情報や入力項目は必要最低限に抑えています。見積以外のお問合せは専用フォームがあります。

確度が高い見積

最終的な料金に近い確度の高い見積は、各制作セットのページまたは見積依頼のページからアクセスできるフォームをご利用ください。こちらは詳細な情報をご記入いただきます。


さてここからは

ナレーション声優スタジオのお話になるんですが、

他社さんのホームページではどうなってるのかなぁと、ちょっと拝見してみますと、メールフォームは一つだけで運営されている場合がほとんどです。項目も少なくてザックリな感じです。とりあえず問い合わせてくれ。話はそれからだ・・・みたいな。私どもの様に、やたらめったらフォームを分けている事業者は見当たりませんね。

ザックリ簡単なフォームで運営できるのは、電話連絡を主体にしているのかなと想像しています。私どもは電話連絡をお受けしていないので、どうしても細かくなっていくのは避けられません。ファーストコンタクトで必要な情報をもれなく頂く必要があるからです。

メールのやりとりが苦手な方もいらっしゃるかとは思いますが、メールフォームから簡単に送れるようにしております。またその後のやり取りに関しましても、要件だけを箇条書きでいただくだけでも構いません。

体裁はどーでも結構ですので、お気軽にご連絡くださいませ。

ナレスタ研究室のトップページに戻る

↑ PAGE TOP